沖縄の旧家では正月や祝い事、お盆で作ります。

豚足汁(てびち汁)

材料/豚足、大根、昆布、沖縄そばだし(もしくはかつおだし)お好みでしょうが
①豚足の下処理をします。カミソリで豚の毛を剃る。軽くコンロで炙って毛を焼ききる。
②大根や昆布を下茹でする。
③てびちを30分程度茹でる。これを2~3回繰り返す。(臭み取り)
④下茹でした大根と昆布と一緒に豚足をそばだし、もしくはかつおだしで煮たら完成です。
※感覚で作っているので分量はよく覚えてません。すいません。

田芋田楽(タームー)

材料/田芋300g、砂糖70g(目安)、しょうが
①田芋の皮をむき水洗いする。
②好みによりますがカレーに入れる野菜くらいのごろっとした感じにカットする。
③アクを取りながら10分程度煮る。水が減ってきたらヒタヒタになるくらい水を足す。
④砂糖を加えて好みの固さになるまで煮詰める。
⑤しょうがを加えて完成です。

揚げ豆腐(他のお宅とは作り方が違うかも)
①島豆腐(もしくは木綿豆腐)をキッチンペーパーで水切りする。
②両面に塩を擦り込む。
③多めの油で両面を揚げ焼きにする。

いんげんと魚肉ソーセージの天ぷら

(一番好き)
①いんげんのスジ取りをする。
②魚肉ソーセージをいんげんと同じ長さ、太さになるように切る。
③小麦粉とたまごと水で衣を作ります。いんげんと魚肉ソーセージをくっつけて揚げるため、通常の天ぷら衣より固め(粉多め)で作ります。
④いんげんと魚肉ソーセージを衣にくぐらせます。
⑤180℃程度の油にいんげんと魚肉ソーセージを一緒に投入します。結構コツがいります。入水?に失敗すると独立もしくはシャネルみたいになるので(笑)
⑥きれいに2個1で揚がったら食べやすい大きさにカットして完成です。

てびちは手間のかかる料理なので祝い事の時のご馳走です。プルプルで肉の旨味が存分に楽しめます。
タームーも芋の甘さとしょうなのスパイシーさがマッチして美味しいです。
揚げ豆腐は普通に厚揚げのお味で美味しいです(笑)
一番好きないんげんと魚肉ソーセージの天ぷらは飽きが来ないもので地元を離れると恋しくなる味です。